自然災害多発の夏

彼岸を過ぎて、さしもの暑さも影をひそめましたが、また台風が近づいています。
今度の台風24号は、日本列島を縦断するような予想図となっていて、十分な注意が必要です。

平成最後の今夏、大きな災害が矢継ぎ早に起こりました。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

災害状況をまとめると、次の表のようになります。

名称発生日
被害地域主な被害死者行方不明者被害総額
大阪府北部地震6月18日大阪市北区
高槻市
枚方市
茨木市
箕面市
M6.1
建物・道路の損壊ブロック塀倒壊
上水道管破裂による断水

5名最大1.2兆円
(防災科学研究所調査)
30年7月豪雨6月28日~7月8日九州・山口
広島県・岡山県
徳島県・愛媛県
高知県など
土砂崩れ・浸水・土石流による家屋、建物の全壊、流失219名10名農水被害2,469億円
(農水省調査)
中小被害関連
4,700億円
(7/22官房長官)
台風21号9月4日近畿地方
長野県
東京都八王子市
北海道
関西空港の浸水、
大規模停電
強風によるビル屋上からの落下物
屋根被害
11名総額は、現時点で不明
訪日観光客の減少による被害500億円(9/25朝日新聞)
北海道胆振地震9月6日北海道胆振地方土砂崩れ、液状化による家屋、道路の損壊
大規模停電
固定電話・携帯電話不通
41名公共土木施設の被害、停電による食品被害、観光業の被害などをあわせて、2,119億円

今後も、自然災害の多発が予想されるなかで、BCPの策定とBCMSの実践は急務となっています。