事業承継

中小企業の廃業が止まらない

2018年8月1日の日経新聞電子版には、
「中小企業の『大廃業時代』、止まらない?」

という見出しの記事が掲載されています。

2014年の中小企業数は382万社で、2014年までの5年間に39万社が廃業していることが明らかになっています。
このままで行くと、今後地域経済や雇用状況に大きな支障が出てくることが予想されるため、経済産業省は、今年度、事業承継対策に力をいれています。

そのひとつが、
事業承継補助金です。
概要は以下に示しています。

申請にあたっては、経営革新を伴う事業計画の作成が必要です。

当社は10年以上にわたり、事業承継問題に取り組んでいます。
ご不明な点は、お気軽にお問合せください。

事業承継補助金

募集期間

2018年8月17日締切 (当日消印有効)
※今回募集は終了しました。

対象者

2015年4月から、今回補助金事業期間完了日(2018年12月31日)までの間に
事業承継(代表者の交代)を行った、あるいは行うこと

②取引関係や雇用によって地域に貢献する中小企業であること
③経営革新など新たな取組を行うこと
※その他の要件もあります。

補助率

Ⅰ型 後継者承認支援型

・補助率:2/3 1/2
・補助上限額:MAX200万円
事業所の廃止や既存事業の廃止・集約を伴う場合 最大500万円

Ⅱ型 事業再編・事業統合支援型

・補助率:2/3 1/2
・補助上限額:MAX600万円
事業所の廃止や既存事業の廃止・集約を伴う場合 最大1,200万円

詳細

申請書様式、募集要項は、下記に掲載されています。
https://www.shokei-29hosei.jp